【徹底解説】犬の首輪ハーネスの選び方

ビーグル

皆さんは、ワンちゃんにどんな首輪をつけてあげていますか?
首輪には、リードを繋ぐこと、飼い主がいる証明、しつけの道具としての役割が
あります。
毎日つける物だからこそ、愛犬に合った正しい首輪をつけてあげましょう。

最も重要なのはサイズ

首輪を選ぶのに、最も重要な事はワンちゃんに最適なサイズの物を選ぶこと。
サイズが小さいと圧迫感からストレスがかかりますし、反対に大きいと散歩中に
首輪が外れてしまうかもしれません。


サイズの測り方
まず巻尺を用意します。巻尺で測るのは、首の一番細い部分です。
だいたい、下あごの付け根から耳のうしろくらいの場所になります。
ピッタリの実寸サイズより、人間の指が1~2本入るくらいがベストです。
首輪を装着したら、必ず首輪が抜けないかチェックをして下さい。
ワンちゃんは、うしろに下がって逃げようとする時もあるので、首輪を頭部の方に
グイグイ引っ張ってみて下さい。首からスポっと抜けてしまうならサイズが
大きすぎます。

首輪は消耗品です

首輪は、ワンちゃんのを守るもの。
散歩中に急に首輪が切れて・・・なんて事は、あってはならない事です。
だからこそ、首輪を選ぶ時は、必ず耐久性の高いものを選びましょう。
首輪は消耗品ですので、必ず壊れます。毎日壊れていないかチェックして下さい。
少しでも劣化していると感じたなら、新しい首輪を購入しましょう。
散歩でのみ首輪をするワンちゃんと、常に首輪をつけている室外のワンちゃんとでは、
必要な耐久性が異なります。飼育環境を踏まえて確認して下さい。

種類

首輪の種類は種類ほどあるみたいなのですが、ここでは一般的な種類を
紹介したいと思います。あと、ハーネスも紹介します。

ベルトタイプ

*最も一般的なタイプ。どの犬種にもおすすめです。
革でできている事が多く、とても丈夫。
引っ張る力が強いワンちゃんに特におすすめ。
ワンちゃんが成長しても、穴の位置を変える事で丁度いいサイズに変更できます。
ただし、革製だと雨に弱いので雨の日の散歩のあとは、しっかり乾かさないと
カビなどが生えてしまいます。

バックルタイプ

*プラスチックで留める布製のタイプ。小型犬におすすめです。
装着が簡単で、サイズ調整も簡単。比較的軽い。
値段も安価な物が多く、種類が豊富なのでおしゃれを楽しめます。
デメリットは、プラスチックの部分が壊れやすく、外れる可能性があるところ。

チェーンチョーク

*鎖でできていて、リードを引くと鎖が締まるタイプ。
引っ張り癖のあるワンちゃんや大型犬におすすめ。
重量があるので小型犬、あと呼吸器系の病気を持っているワンちゃんにも不向きです。
誤った使用法で頚部や気管にダメージを与える危険性があるため、トレーナーさんの
指導が必要となります。

ハーネス

*ハーネスは胴部分に装着するので、体にかかる負担が分散する構造になっています。
首輪のようにリードを引っ張っても首が締まらないので呼吸器や首に負担が
かかりにくいです。
高齢犬やヘルニアなどの補助具としても有効。
洋服風のデザインもあるのでおしゃれも楽しめます。
デメリットは、引っ張っても苦しくないため、引っ張り癖のしつけには向いていないこと。
体重の増減でフィット感が変わるため、使用する際はこまめにチェックしないと
いけません。

【うちで飼っているビーグル君は10歳。高齢なのでもうそろそろハーネスに変えようかなと
思っているのですが、散歩中は、とにかく引っ張ります。
ハーネスに変えたら、更に引っ張るのでは・・・・・やっぱり無理。しばらく保留にします】

首輪とは

ワンちゃんは成長するにつれ、首回りの太さが変わります。
愛犬のために可愛い物を購入したい気持ちも分かりますが、まずサイズが合っているかどうか、
耐久性に優れているかを調べてから、デザインを選んでみて下さい。
せっかく買ったのにワンちゃんにストレスを与えてては意味がありませんからね。

首輪には自宅の電話番号や住所が書かれた「迷子札」をつける事ができます。
もし迷子になった時のために、つけておいた方がいいでしょう。
今は、直接首輪に名前入れができる物もあるみたいですね。

ぜひ愛犬に合った首輪を、正しい選び方、つけ方で装着してあげて下さい。

タイトルとURLをコピーしました