しぐさで分かる犬の気持ち カーミングシグナル

ビーグル

人間は、言葉で気持ちを表せますが、言葉を持たないワンちゃんたちは
自分の気持ちを言葉では表せません。なので、言葉に代わるしぐさ
相手に伝える行動(ボディーランゲージ)で気持ちを伝えています
「ボディーランゲージ」とは、犬の喜怒哀楽を表すものですが
それ以外に興奮している相手を落ち着かせたい時や
自分のストレスを軽減したり、落ち着きたい時に行う
「カーミングシグナル」と言う行動があります

「カーミングシグナル」はノルウェーの動物学者の
テューリッド・ルーガス氏が提唱し、約27個あると言われています
今回は、その中のよく目にする行動を解説していきたいと思います

あくびをする

ただ単に眠たい時だけの時もあります。眠たそうでもないのに
あくびをする時や、飼い主さんが叱っている時は
自分のストレスを和らげようとしているか、飼い主さんに
落ち着いて欲しいと伝えている事もあります

口の周りをなめる

ペロッと口の周りをなめる事は、ご飯の前後に見られる行動ですが、
それ以外に、初めて行く場所などで緊張している時にもよく見られます。
そんな時は、大丈夫だよと優しく声をかけてあげると、
ワンちゃんの緊張がほぐれるかもしれません

足をかむ

ワンちゃんが足をかむ原因は、いくつかあります
アレルギーで痒い時もあるので、その場合は
アレルゲンになる物を特定しましょう
それ以外ならば、ストレスを感じる事をされて
やめて欲しいと伝えています。ワンちゃんに
何かしらストレスになる事をしていないか、考えてみましょう

カチカチと小刻みに歯をならす

相手を落ち着かせようとする行動です
怖がっている訳ではありませんが、体の毛が逆立っていたり
歯をムキっとさせている場合は、威嚇しています

噛んだあとに舐める

この行動の意味が、私的には一番ビックリしました
噛んだ事を悪いと思い、謝ってきているのかと思いきや
実際には逆の意味で「もう逆らうんじゃないぞ」と
伝えているそうです。放っておくと、飼い主さんとワンちゃんの
上下関係が逆転しかねないので要注意です

最後に

「カーミングシグナル」は、ワンちゃんの心の声です
その行動を飼い主さんがすばやく察知してあげる事が
とても大切な事なのです。「カーミングシグナル」を知っておく事で
ワンちゃんと上手くコミュニケーションを取る事ができます

タイトルとURLをコピーしました