トリマーさん直伝 難しくない犬のシャンプー方法

ビーグル

犬にとっての「シャンプー」・「お風呂」の重要性

 犬と一緒に暮らしていく上でかかせない「シャンプー」・「お風呂」。

散歩などで外に出る犬を清潔に保つことは、飼い主さんのお仕事です。

犬は、定期的に洗ってあげないと、嫌な臭いがしてきたり、毛がベトベト

してきたり、ノミやダニなどのトラブルも起こります。

外からの汚れは拭けば落ちますが、犬の体から出る皮脂や排泄物の汚れは

洗わなければ落ちません。

余分な皮脂や角質を除去しなければ肌トラブルを引き起こします。

今日は、サロンでのシャンプー以外に、自宅でも簡単にできるシャンプーのこと

や、お風呂の入れ方などを書いていきたいと思います。

シャンプー

 シャンプーは 汚れをスッキリと落とし、嫌な臭いも消してくれます。

家でシャンプーを行う場合は、月に1~2回くらいが良いでしょう。

反対にシャンプーのやりすぎは、犬に必要な皮脂までを落としてしまう可能性

があるので良くありません。

犬の皮膚はデリケートなので、皮膚への摩擦にも気を付けましょう。

シャンプーの仕方

  まず、足先からゆっくりとシャワーをかけていき、全身を濡らします。

犬用のシャンプーを泡立て、マッサージするように優しく体を洗ってあげます。

犬の皮膚は人よりも薄くデリケートなため、人間用のシャンプーは刺激が強すぎる

ので、絶対に使わないで下さい。

すすぎも十分に行いましょう。37度くらいのぬるま湯で、顔~体と高い位置から

下にかけてシャンプーを流していきます。

すすぎ残しがないかチェックして、最後に足の裏を流すのも忘れないように。

お風呂の入れ方

  お風呂は、シャンプーと違って皮膚への刺激が少ないので、毎日入ってもかまい

ません。お湯にしっかり首までつかるので、体の表面に付いた汚れが落ちます。

お風呂に入れる前にして欲しいのはブラッシングです。汚れを落ちやすくさせて

おきましょう。ブラッシングしないまま入浴させてしまうと、汚れが落ちにくく、

キレイになりません。

バスタブは、できれば人と同じものは避け、ペット専用のバスタブを用意した方が

良いでしょう。チワワなどの小型犬や子犬は、家にある小さな洗面器などでも

代用できます。

 お風呂に入れる時は、お湯の温度に気を付けて下さい。人が気持ちいいと感じる

温度は、犬にとっては熱湯です。

きちんと、37度くらいになるように注意しましょう。

また、長風呂にも気を付けて下さい。常に様子を見て、呼吸が早くなってきた

ならば、すぐに出してあげて下さい。

お風呂・シャンプーが終わったら

  犬は体温調節が苦手なので、濡れたままだと体温がどんどん奪われてしまいます。

洗ったあとは、できるだけすぐに優しくタオルで拭いてあげましょう。

ドライヤーをかける際に注意してもらいたいのが、熱風を直接あてる事です。

飼い主さんの手に一度風をあてながら、時間をかけて優しく乾かしていきましょう。

ドライヤーの風の温度もなるべく低めに調節しましょう。

 シャンプー・お風呂が大好きな犬もいれば、嫌すぎてストレスになっている犬も

いると思います。我が家のビーグル君も「お風呂」と言った途端、「イヤだ!!」

と言わんばかりに吠えながら私から逃げて行きます。我が家では、もう無理ですが

「お風呂は楽しい」と思わせるために、ごほうびにおやつをあげるのもいいと

思います。

f:id:mayuponsan:20200214222257j:plain

シャンプーの選び方

・ 皮膚状態の改善が目的なら「薬用シャンプー」

・良い毛並みに仕上がることを求めているのであれば「美容シャンプー」

・肌への刺激が少ない弱酸性のシャンプーがおすすめ。

着色料、香料不使用なら肌トラブルの危険性がより少ない。

アレルギーや乾燥がある場合は硫黄が配合されたものや植物から作られた

 シャンプーは避けた方が良い。

・汚れをしっかり落とすには、シャンプーとトリートメントが別になっている

 商品が良い。

香りが強すぎないものを選ぶ。

すぐに泡立ち、さっと流せるシャンプーが良い。

・毛のパサつきが気になる場合は「オートミール」「水溶性イオウ」と言った

 保湿成分が含まれたものがおすすめ。

・ボリュームのある毛を落ち着かせたい場合は「シリコン配合」

・ふんわりと仕上げたい場合は、「ノンシリコン

・蚊、ダニ、ノミなどの虫が出やすい季節は虫よけ効果のあるシャンプーが良い。

同じシャンプーを使い続けるのではなく、犬の生活環境や皮膚の状態、季節などに

よって数種類のシャンプーを使い分ける事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました